« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月12日 (月)

【ANS-9010】

●みなさん、RAMDISKってご存じでしょうか?
(MS-DOSの頃からPC触っていた人間には懐かしい響きも感じられるのですがw)
一言で言うと、PCに積んだメモリの一部をハードディスクのように扱えるようにしたもの、がRAMDISKです。
メモリとハードディスクではデータの読み書き速度が全然違います。(メモリは速くて、ハードディスクは遅い)
なので、よく使うファイルは読み書きの速いメモリ上に置いておくと、作業効率が上がります。
Photoshopなどの仮想記憶ディスクをRAMDISKに割り当てておけば、「処理待ち」がぐんと減るのです。

そんな訳で、今まではEsperance DVというソフトを使ってRAMDISKを作成して使っていました。
最大2GBのRAMDISKをひとつ簡単に作成できます。
ほとんどの方は、このようなソフトでRAMDISK作成すれば十分だと思います。

ただ私の場合はサイズの大きな複数の画像を開いて作業するので、とうてい2GBでは足らず、自分でターミナルのコマンドを叩いて6GBのRAMDSIKを作ったりしていました。
(ターミナルでも作成できるのはひとつ最大2GBなのですが、複数作成できます。そこで2GBを複数作って、それをRAID0で束ねて大きな一つのRAMDISKとすることが可能です。)

ご参考までに・・・(2GBを3つ作って、6GBの一つのRAMDISKにしています)

 diskutil erasevolume HFS+ \"r1\" `hdiutil attach -nomount ram://4194304`;
 diskutil erasevolume HFS+ \"r2\" `hdiutil attach -nomount ram://4194304`;
 diskutil erasevolume HFS+ \"r3\" `hdiutil attach -nomount ram://4194304`;
 diskutil createRAID stripe SpeedDisk HFS+ /Volumes/r1 /Volumes/r2 /Volumes/r3;
 
 

●しかしそれでも時には足らず、どうしたものかと考えていたところ、高木氏がACARDの「ANS-9010」を積んでマシン組む!というのを聞いて「ああ、そういうものもあったなぁ」と。
ただ自作パーツなんで、DOS/V機(って言い方まだするのかな?)の世界の話で、Macには関係ないだろうと思っていたら、メーカーのサイトにはMac対応みたいな事が書いてある・・・。

というわけで、Mac Pro (early 2008)に積んで使っていますw
2GBメモリモジュール x 8枚 = 16GBのRAMDISKです。

R0010763

PCに詳しい方はご存じでしょうが、ANS-9010 は i-RAM のように、メモリモジュールを高速ハードディスクのように使える代物です。
これをPhotoshop等の仮想記憶ディスクに当てれば、ファイルサイズの大きな画像でも快適に作業が出来る、というわけです。

で、Mac Proでも一応使えているのですが・・・スリープから復帰すると以下のような警告が。
システムプロファイラで見てみると、どうもANS-9010のハードウェア自体が認識されてないのです。(ディスクをアンマウントさせずに抜いた、というようにOS側では認識している様子・・・?)

Ans_err

バックアップ用のバッテリーもコンパクトフラッシュカードも使ってるし、おかしいなぁ・・・。
しょうがないので24時間通電で動かすか、とANS-9010用のACアダプタを購入して試したのですが、これでも変わらず・・・。
たぶん、スリープに入る時点でOS側の認識がなんかおかしいのかも・・・。

再起動すればまたちゃんと認識しているので、仕方なく再起動でしのいでいますが、この再起動がすっごい時間かかります。異常なほどです。
最初はコンパクトフラッシュカードからのRAMDISK内容リストアに時間がかかってるかと思ったのですが、コンパクトフラッシュ抜いても変わらず。

なんだ?起動時のハードウェアチェックに時間がかかってるのか・・・?
Snow Leopard は起動時間も早くなっているはずなので、ANS-9010のほうの問題・・・?


※追記:しばらく使っているうちに、起動時の時間が早くなりました。実用範囲内です。なにがあったんだろう・・・?


ということで、メモリ容量的には満足がいくものの使い勝手にちょっと難ありで、どーしたものかなーと悩みはつきません(^_^;
MacでANS-9010ご利用になってる方、もしいらっしゃいましたらどんな風に運用してらっしゃるか、どうか教えて下さい〜。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »