« 【Snow Leopard 非対応の Canon プリンタで印刷!】 | トップページ | 謹賀新年! »

2009年11月21日 (土)

【ANS-9010も一応落ち着きました】

Imgp0063

●Macをスリープするとマウントが切断されてしまうということで運用に難があったANS-9010ですが、一応の解決を見ました。

●まずは、スリープすると切断ということについて。

どうやら Mac Pro のマザーボードに隠されていた SATAコネクタを使用していたのが問題だったみたいです。このコネクタがスリープ対応されていない・・・?(みたい)
ということで、Mac のスリープ(ディープスリープ)に対応した SATAホストを導入。
私が買ったのは、ラトックシステムの REX-PE30S です。

SATA/eSATA共にポートが1つしかないので、ANS-9010のRAID機能が使用できませんが、そうは言ってもRAMだし、RAID組んだところで体感できるほどの超高速化も無いだろうと思い、RAID0で組むのはあきらめました。
(実際のところ、体感では分かりませんでした。)

●Mac 本体内蔵から外付けドライブに変えました。
無理矢理 Macの中に押し込んでいたので、なにかと不便きわまりなく、またANS-9010自体が相当の熱を持つ、との話を聞いたので夏場の運用が不安になり、ファンの付いた外付けケースを購入しました。
同じくラトックシステムの eSATA 5インチドライブケース RS-EC5ESです。

外付けとしたことによりSATAからeSATAでの運用になった訳ですが、速いし別に何も変わらないですねー。

●Mac Pro にはHDD4台積んで、RAID0+1の構成にしました。
速度upと安全性の両立です。
Mac OS 標準機能のソフトRAID ですが、Mac Pro のパワーならなんということもなく動いております。
スリープももちろんできますし(Apple Store で販売されている RAID カードは高価ですしスリープ非対応らしいので買う気にならない・・・)。

さて、これでとりあえずハード周りの変更は終了!

あとは Windows7 を VM Ware で入れなくちゃ。

|

« 【Snow Leopard 非対応の Canon プリンタで印刷!】 | トップページ | 謹賀新年! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【Snow Leopard 非対応の Canon プリンタで印刷!】 | トップページ | 謹賀新年! »