« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月21日 (日)

【Macがスリープに入らない&勝手に起動・その後】

●以前のエントリーで「Mac がスリープに入らない。スリープに入っても何らかの理由で勝手にスリープから解除されてしまう」という件で書き込みしました。

その時の結果として、
「私の場合、原因はメーラーの『Thunderbird』にあるらしい」こと。
「強制的にスリープ状態にしてくれる『Please Sleep』というソフトが有効」であること。
という結論を書きました。

その後の状態ですが・・・『Thunderbird』がバージョンアップしてから、またもや同じ症状で悩まされることになりました。
勝手にスリープから解除されるし、その後は再びスリープに入ることなくずっと起動したまま・・・。
頼みの綱の『Please Sleep』も、最新バージョンの『Thunderbird』には対応してない様子・・・。

ということで。
非常にアナログな方法ですが「スリープ前に『Thunderbird』を終了する」ということを、この2週間ほど手動で行って、状態の推移を見てきました。

結果、「スリープ前に『Thunderbird』を終了していれば、何の問題も無い」という結果に。
やっぱり私の環境下で悪さしているのは『Thunderbird』に間違いないのが分かりました。

夜メールチェックが済んだら『Thunderbird』を終了しスリープ。おやすみ。
朝、勝手に起動している事は全く無し。スリープを解除して『Thunderbird』起動。
朝のメールチェックが済んだら『Thunderbird』を終了し再びスリープさせる。
そしてそのまま出勤。
仕事が終わって夜帰ってきても、勝手に起動している事は全く無し。

ということで、今は手動でやってますが、『Thunderbird』の起動終了と連動させたスリープ用のAutometorとか作ってみても良いかもしれません。

未だに「Mac スリープ 勝手に」などのキーワードでこのサイトに訪れて下さる方が多いみたいなので、まずは何のソフトがスリープの阻害をしているか、そこを突き止めるのから始めるのが結局は確実だと思います。
(面倒くさいかもしれませんが、ひとつソフトを起動してスリープさせて・・・の繰り返し確認です。)
「何のソフトも起動しないで電源入れてMac起動しただけの状態」だと、おそらくちゃんとスリープ機能は正常動作するはずですから・・・。

頑張って下さいね!!

| | コメント (0)

【デッカードの愛用グラス】

Imgp0322

SF映画好きには、今さら紹介するまでのものでもないでしょう。
映画「ブレードランナー」中において、ハリソン・フォード扮するデッカードがジョニ黒を飲んでいた、あのグラスです。
四角くツイストした独特の形状がカッコイイのです。

これ、映画用に作られた小物ではなくて、実際に市販されているグラスなんですね。

CiBi Old Fashion 7.4 oz
CiBi Double Old Fashion 12.5 oz

といいいます。
残念ながら、現在は日本国内で扱われていないので、私は国際通販サービス使って手に入れました。
・・・だって、おいしいお酒は良いグラスで飲みたいじゃないですか!

そういえば、昔はブレードランナーのオリジナルサウンドトラックも無くて、よく知らない楽団が演奏してた偽サントラでがまんしていた時期もありましたね・・・。
今はヴァンゲリスご本人の本物のサントラも入手出来ますし、良い時代になったなぁ。

そうそう、デッカードのブラスターも持っているのでした(まだ組み立ててないけど)。

今夜当たり、また久しぶりに雨のLAの夜の世界に浸りましょうかね。(^。^)


そうそう大事なこと。
ご存じの方も多いと思いますが、ブレードランナーの原作本であるフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊は夢を見るか」などの翻訳でご活躍なさっていた浅倉久志氏が鬼籍に入られました。
謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。

| | コメント (0)

2010年2月 7日 (日)

【iPod専用ヘッドフォンアンプ】

Imgp0253_2

iPod専用ヘッドフォンアンプ、オーディオテクニカの「AT-PHA30i」の黒を購入してみました。

いつも音響機器の性能を試す時のリファレンスアルバムは
「スティング」の「The Dream Of The Blue Turtles」
と決めているので、早速ヘッドフォンアンプをiPod Touchに接続して試聴。
ヘッドフォンはいつも使っているクリプシュの Image X10。

いきなりドラムのアタックが全然違っていて驚く。
標準のヘッドフォンジャック経由とは、ここまで違うものか。
これはコストパフォーマンス高くて良い買い物だったかも!
あ、ちょっと高音がうるさいような、じゃらつくような・・・これはエイジングで取れるものかな?
しばらく鳴らして様子みよう。

これはしばらく楽しめそうです。

惜しむらくは「iPod専用」なので、iPhoneでは使えないこと。
iPhoneに接続しても「この機器は使えません」といった表示がされてしまいます。
ということは、これからは音楽以外はiPhone、音楽はiPod Touchと、常に2台持ち歩かなくてはいけないのか・・・ちょっと面倒だなぁ。

ここまで音が良くなるのなら、圧縮音源はやめて全部ロスレスエンコードで曲を取り込み直して、大容量のiPod Classic買って、このアンプつなげばとりあえず最強かも!?

ああ、そうかも・・・!!
このタイミングで、大容量の新しいiPodとか出ないですよね、Appleさん・・・。
ポチっちゃおうかな・・・iPod Classic・・・。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »