« 【Painter重い】 | トップページ | 【フェスコミ Vol.15発売です】 »

2010年12月11日 (土)

【液タブの上にキーボードをセット】

液晶タブレットを使い始めて一番困ったこと・・・「キーボードをどこに置こう?」

私は絵を描くときはn52te(どうも最近は売ってないようで・・・絶版なのかな?)を補助ツールに使っているので、おもだったショートカットキーの操作はこれで済むのですが、それでもやはり足りなくてキーボードと併用です。
マンガのネーム作成ではセリフも打ちますから、キーボードが無いとどうしようもないし。

横に置いたり、超小型キーボードを液タブ台の足の間に挟んだり・・・(キーボードステーを設計されていらっしゃる方も・・・!)
液タブユーザーの皆さんは、各自いろいろ工夫されているようです。
で、私はアクリル板を液タブ上部に貼り付けて、その上にキーボードを置いてみることにしました。

過去の写真を見て頂くと分かるのですが、今まではキーボードを直接液タブに両面テープで貼り付けていました。
文字を打つにはキーボードが正面にある方が当然使いやすいのですが、液タブには正面上部に電源スイッチがあります。ここをキーボードで塞ぐと、何かあったときに液タブの電源切れないことになるので、今まではここを避けて左右にキーボードを2つ並べたり、などと変則的なことをしてました。
でもやっぱり使いにくいので、意を決して電源スイッチの上にキーボードを置いてみたものの・・・うーむ、不安だ〜・・・。

で、ふと気が付きました。
Appleのキーボードって裏側上部が出っ張っているから、ここを引っかけて置くようにすれば良いのではないかと。

Imgp0671


液タブの上面が数センチ大きければ、そのまま置けて理想的なのですが、数ミリの厚さなら板状のものを貼り付けて、その上にキーボードを置いてもいけるんじゃないか?

「板状のもの」がどういう材質だと良いか?強度があって薄くて。うーん、アクリルかなぁ?ということで、サイズを測ってアクリル板を注文してみました。電源スイッチの部分は穴を開けてアクセス出来るようにしてあります。
強度がどれだけ確保できるか分からなかったので、アクリルは押し出しではなくキャスト(こっちの方が強度強いらしい)、厚さは6ミリにしました。(ちなみに6ミリはちょっと厚すぎた感じです。手首が持ち上がってちょっとしんどい・・・この半分でもいいかも?)

(追記:その後半分の3mm厚のアクリル板に変えましたが、強度は全然大丈夫でした。快適に使っています。ちなみに、サイズに合わせてカットしてもらって、スイッチ部の穴開け加工もしてもらって、2,000円しないくらいのお値段でした。)

Imgp0658


仮置き。

Imgp0661

両面テープで貼り付け。
強力かつ後で綺麗に剥がせる両面テープがあります。ちなみに私が使っているのは、はがせる両面テープ強力固定用(厚手)15×2(品番 T3950)です。
貼った状態は格好悪いですねー、アクリル板を透明じゃなくて黒い板にすれば見た目は良くなるかな?どうせキーボード上に置いちゃうので見えなくなりますが。

Imgp0667

アクリル板を貼付終わったら、その上辺に引っかけるようにキーボードとタッチパッド乗せて完了!
アクリル板の上に乗せてあるだけなので、どかせば液タブの電源スイッチも操作できますし、位置調整や電池交換もラクラク!!

Imgp0672

なかなか良い感じになったのではないでしょうか。
しばらくこれでいってみようと思います。

|

« 【Painter重い】 | トップページ | 【フェスコミ Vol.15発売です】 »

お絵描き」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【Painter重い】 | トップページ | 【フェスコミ Vol.15発売です】 »