« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月23日 (水)

【n52teが正常動作しない…!?】

事の始まりはノートン。

インターネット・セキュリティの1年間更新サービスが切れたので、新バージョンを購入。メインマシンのOSはSnow Leopardだったので、新バージョンに同梱のSnow Leopard版をインストールしたのですが…。
何度トライしても「更新サービスの期限が切れています」と出る始末。いや、期限切れたから新しいのを買ってインストールしたんですよ…?

実はここ3〜4年くらい同じ問題で悩まされ続けていまして、またか、とがっかりしました。何をどうやっても前のバージョンの期限切れ情報が消えないんです。シマンテックのサポートと何度もやりとりをして、いろんなアンインストール手順を試したり、ユーザー情報書き換えたりするのですが、結局はどうにもできず、サービス延長コードを新たに発行してもらってしのぐという…。

もうこれはどうにもならないと判断。
で、Snow LeopardからLionにアップデートして、Lion版のインターネット・セキュリティを入れたら…おお、ちゃんと更新期限が一年ある!(それで当たり前なんですけどね)

そして…n52teがちゃんと動かない…やっぱり問題出たかー。だいたいドライバがずいぶん前からアップデートされていないし…。
あれー?でもなー。
メインマシンの前にサブマシンでLionにして、Photoshopやらコミスタやらの動作確認は既にしていたわけです。当然n52teもそちらで問題無く動いていたので、大丈夫だろうと踏んだのですが…なんでこっちはダメなんだ?

全く動かないわけではなくて、キーアサインがおかしくなってる様子。デフォルトに戻った訳でも無さそう。
ドライバがLionに対応していないからか、設定でキーアサイン変えようとしてもn52teに反映されませんでした。

んー待てよ?

n52teの特徴は、本体内のメモリにキーアサインやマクロを記憶できることのはず。だから競技会などへ自分のn52teを持って行って会場のマシンに繋いで、ドライバもマクロ記録したファイルも何にも無しで即使えるってのが最大のウリになっている…てことは、本体内のメモリに正しく情報が入っていれば、Lionにアップデートしたメインマシンでも動くはずじゃないか?

古いOS(n52teのドライバが対応している)が入っているマシンを掘り出し、n52teを繋いで保存してた設定ファイルをインポート。
で、Lionを入れたメインマシンに繋ぐと…やっぱりダメか(^_^;) うーん。

自分はここでn52teの使用はあきらめて、買い置きしていた Razer nostromo を繋ぐことにしました。
後になって思ったのですが、MacとWindowsではドライバが全く違うので、Windowsマシンで設定ファイル読み書きしたら、また別の結果になったかもしれません…時間が出来たら今度また試してみようかな…。

Razer nostromo 、見た目はn52teとほぼ同じですが、前述の本体内のメモリが省略されているのでゲームに使用する方からは不評のようです。お絵描き補助デバイスとしては、その点は特に問題無さそう。キーマップが3つから8つに増えたけど、そんなに要らないし切り替え面倒で、これは逆にマイナスポイントな感じ。しばらく使って様子を見たいと思います。

OSの切り替え時は色々トラブルが起こるので、大変ですね…。

| | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

【落書き】

20111120a3


またブログ更新が滞ってきましたので、場つなぎに落書きなんぞをアップ…。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »