« 【液タブの耐震措置】 | トップページ | 【フェスコミ Vol.22】 »

2012年2月21日 (火)

【Mac mini の HDD交換…失敗!】

Img_0176b

サブ機の Mac mini(2010 Mid)の HDD が手狭になってきたので、さくっと交換…のつもりが大失敗!

これまでにパソコン自作とかしてますし、メイン機の Mac Pro とかいじり倒してますし、MacBook Air のHDD→SSD載せ替えとかも自分でしてますし、Mac mini のHDD交換も事前情報しっかり集めて気をつけてやれば、まあ失敗することは無いだろうと踏んでたのですが…。
 
 
 
あ、温度センサのコネクタが外れてました、ちゃんと指さないとね…って、あれ?
あれあれあれ…?
 
ロジックボードからソケットごと外れてる!?
コネクタ破損してる!?
なんか折れてる!?
 
わー
 
 
 
ロジックボードに繋がってる温度センサは3つあるのですが、どうやら2つ外して残りの1つを忘れたまま HDD 引っこ抜いた…みたい…です…。

なんという愚かな…。
 
 
とりあえず HDD 交換して起動はしたものの、常に冷却ファンが全開で轟音を立ててぶん回るという爆音仕様になってしまいました…。温度センサが異常(壊れた)なので、まあそうなりますわな…。
動くことは動くけど、常用には耐えない状態なので(いつファンが壊れるか…)この Mac mini にはお休み頂くことになりました…。

油断大敵、自己過信は禁物、ですね…ううう。

|

« 【液タブの耐震措置】 | トップページ | 【フェスコミ Vol.22】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【液タブの耐震措置】 | トップページ | 【フェスコミ Vol.22】 »