パソコン・インターネット

2013年5月12日 (日)

【n52teをまた引っ張り出してきました】

Img_1111_3_480px

Belkin n52te を永らくお絵描き補助デバイスとして愛用しています。
n52te は本体にメモリを搭載していてキーやマクロの設定を自分で憶えているので、OSのバージョンが変わろうが他人のPCに繋ごうが、使えてしまうのが良いところ。
さすが、競技場に持ち込んで使ってねというトーナメントエディションをうたうだけのことはあります。

しかし、キー設定を変更するエディタがもう全然更新されてなくて最近の Mac OSでは使えないため、設定変えたい時は昔の古いPCを引っ張り出して n52te 繋いで書き換えて…という運用をしています。
本体メモリの設定書き換えさえできれば、後は使う分には全然問題無い…はずなのですが、これまで分からなかった問題が一つあって、しぶしぶ後継機の RAZER nostoromo を使っていました。

それは、設定したPCと使用したいPCとで何故か n52te から吐かれるキーコードが違ってて、意図した動作が出来なかったというもの。
具体的には、Photoshopなどでブラシサイズ変更に使われる " [ " や " ] " が、' @ ' などになっていて、n52te からブラシサイズ変更の操作ができない…これは痛い。
文字入力用の普通のキーボードでは " [ " や " ] " は普通に効くし、ソフトのショートカット設定もいじってないし、 Key Codes というキーコード確認ソフトで見るとやっぱり吐かれるキーコードが違ってるので、これは n52te 壊れたのかなぁ…?と思っていたのです。

ブラシサイズ変更は頻繁に使うし、仕方ないので nostoromo で代替していたのですが、Mac OS のアップデートをしたらドライバ未対応で全く使えなくなってしまいました!
さすがにこれには困って、押し入れから引っ張り出してきた n52te と繋ぎ替えました。

そしてその時、あ、と気付く。
これってとっても単純。あっさり問題解決。

「n52te が日本語キーボードとしてPCに認識されていた」というだけのことでした(キーコード見てもっと早く気が付けオレ…orz)。

システム環境設定→キーボード→キーボードの種類を変更→キーボード設定アシスタントが起動しますが、ここで文字入力用のキーボードだけでなくて n52te の設定もしておく必要があったのですね。

n52te を繋いでキーボード設定アシスタントを起動、キーボード認識の為にshiftキーの横のキーを押せとか出るので、適当に n52te のキーを押してしばらく待つ。
認識出来ませんという旨の表示が出るので、その後の種別選択で「ANSIキーボード」を選べば終了です。

" [ " や " ] " が、ちゃんとそのまま " [ " や " ] " として機能して、ブラシサイズ変更出来るように。嬉しい。
やはり本体にメモリを持つ n52te は何かと使えるので、再販して欲しいなぁ。

| | コメント (0)

2012年6月22日 (金)

【Mac mini 放熱対策】

Imgp1284

Imgp1297


少しずつ暑くなってきて、マシンの放熱にも気を使いたい今日この頃。

Mac mini の放熱対策として「百均ショップで売っている丸い魚焼き網を下に敷く」という手がネットでけっこう見られたので、ちょっと物色に行ってきました。

百均ショップのキッチン関係の売り場で丸い魚焼き網ゲット。
ついでにワイヤーラック関係の売り場で、Mac mini の置き台に良さそうなものを発見。

で、魚焼き網…机上から数㎜浮くだけなのであまり風通しよく無さそうで、つるつる滑って安定悪い…これなら大きめのゴム足を Mac mini に貼り付けた方がよっぽど良さそうです。
ということでこれはボツ。

もうひとつ買ってきたワイヤーラック関係の何か。これがなかなか大正解!
今は写真のようにMac miniが中に浮いてます。非常に風通しが良いです。
ちょっとワイヤが細いので机を揺らすとMac mini もゆらゆらするのが難点ですが…まあ許容範囲内です。
現行モデルは光学ドライブが内蔵されてないので、外付けドライブの置き場所に地味に困ったりするのですが、下に空間が出来たのでおあつらえむき(^_^)

安くてお手軽なので、この夏のオススメです。

ところで買ったのは良いけどこの商品、本来何に使うものか分かってません(^_^;)
なんだろう…ふきんかけ?

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

【Mac mini の HDD交換…失敗!】

Img_0176b

サブ機の Mac mini(2010 Mid)の HDD が手狭になってきたので、さくっと交換…のつもりが大失敗!

これまでにパソコン自作とかしてますし、メイン機の Mac Pro とかいじり倒してますし、MacBook Air のHDD→SSD載せ替えとかも自分でしてますし、Mac mini のHDD交換も事前情報しっかり集めて気をつけてやれば、まあ失敗することは無いだろうと踏んでたのですが…。
 
 
 
あ、温度センサのコネクタが外れてました、ちゃんと指さないとね…って、あれ?
あれあれあれ…?
 
ロジックボードからソケットごと外れてる!?
コネクタ破損してる!?
なんか折れてる!?
 
わー
 
 
 
ロジックボードに繋がってる温度センサは3つあるのですが、どうやら2つ外して残りの1つを忘れたまま HDD 引っこ抜いた…みたい…です…。

なんという愚かな…。
 
 
とりあえず HDD 交換して起動はしたものの、常に冷却ファンが全開で轟音を立ててぶん回るという爆音仕様になってしまいました…。温度センサが異常(壊れた)なので、まあそうなりますわな…。
動くことは動くけど、常用には耐えない状態なので(いつファンが壊れるか…)この Mac mini にはお休み頂くことになりました…。

油断大敵、自己過信は禁物、ですね…ううう。

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

【n52teが正常動作しない…!?】

事の始まりはノートン。

インターネット・セキュリティの1年間更新サービスが切れたので、新バージョンを購入。メインマシンのOSはSnow Leopardだったので、新バージョンに同梱のSnow Leopard版をインストールしたのですが…。
何度トライしても「更新サービスの期限が切れています」と出る始末。いや、期限切れたから新しいのを買ってインストールしたんですよ…?

実はここ3〜4年くらい同じ問題で悩まされ続けていまして、またか、とがっかりしました。何をどうやっても前のバージョンの期限切れ情報が消えないんです。シマンテックのサポートと何度もやりとりをして、いろんなアンインストール手順を試したり、ユーザー情報書き換えたりするのですが、結局はどうにもできず、サービス延長コードを新たに発行してもらってしのぐという…。

もうこれはどうにもならないと判断。
で、Snow LeopardからLionにアップデートして、Lion版のインターネット・セキュリティを入れたら…おお、ちゃんと更新期限が一年ある!(それで当たり前なんですけどね)

そして…n52teがちゃんと動かない…やっぱり問題出たかー。だいたいドライバがずいぶん前からアップデートされていないし…。
あれー?でもなー。
メインマシンの前にサブマシンでLionにして、Photoshopやらコミスタやらの動作確認は既にしていたわけです。当然n52teもそちらで問題無く動いていたので、大丈夫だろうと踏んだのですが…なんでこっちはダメなんだ?

全く動かないわけではなくて、キーアサインがおかしくなってる様子。デフォルトに戻った訳でも無さそう。
ドライバがLionに対応していないからか、設定でキーアサイン変えようとしてもn52teに反映されませんでした。

んー待てよ?

n52teの特徴は、本体内のメモリにキーアサインやマクロを記憶できることのはず。だから競技会などへ自分のn52teを持って行って会場のマシンに繋いで、ドライバもマクロ記録したファイルも何にも無しで即使えるってのが最大のウリになっている…てことは、本体内のメモリに正しく情報が入っていれば、Lionにアップデートしたメインマシンでも動くはずじゃないか?

古いOS(n52teのドライバが対応している)が入っているマシンを掘り出し、n52teを繋いで保存してた設定ファイルをインポート。
で、Lionを入れたメインマシンに繋ぐと…やっぱりダメか(^_^;) うーん。

自分はここでn52teの使用はあきらめて、買い置きしていた Razer nostromo を繋ぐことにしました。
後になって思ったのですが、MacとWindowsではドライバが全く違うので、Windowsマシンで設定ファイル読み書きしたら、また別の結果になったかもしれません…時間が出来たら今度また試してみようかな…。

Razer nostromo 、見た目はn52teとほぼ同じですが、前述の本体内のメモリが省略されているのでゲームに使用する方からは不評のようです。お絵描き補助デバイスとしては、その点は特に問題無さそう。キーマップが3つから8つに増えたけど、そんなに要らないし切り替え面倒で、これは逆にマイナスポイントな感じ。しばらく使って様子を見たいと思います。

OSの切り替え時は色々トラブルが起こるので、大変ですね…。

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

【モニタの台を製作】

Imgp1151

液タブの奥に置くモニタの高さの問題。
結局アームは外して、置き台に置くことにしました。

DIY得意な知人にいろいろ教えてもらいながら、置き台を製作。
最初は2x4材か1x4材をカットして箱を組もうと思っていたのですが、けっこう材料にゆがみあるから水平取るのとか大変かも?と聞き、今回は断念。
精度の高いランバーコアボードを重ねて接着することにしました。
単純に板を積み重ねるだけなので作業は簡単だし、重い大型モニタを置くのにも強度的に問題無いですし。

24mm厚のランバーコア材を4枚積層して96mmの高さに。
木工用ボンドで貼り付けて、紙やすりでヤスって、水性ニスで着色。
机の色よりかなり明るくなってしまいましたが、まあいいです(^_^;)
けっこう気に入ってます。

これでとりあえずモニタの高さ問題は解決。

もの凄く久しぶりにやった木工がとても楽しかったので、また何か作りたいです。
机の上に棚作りたいなー。

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

【】

Sadmac3


| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

【過熱・暴走・そして終了】

Imgp1084

Time Capsule(第一世代)が、この猛暑で逝ってしまいました…(>_<)アイタタタ…

本体前面のLEDがオレンジに点滅してインターネットへの接続が絶たれ、「過熱の可能性がうんぬんかんぬん」というメッセージが、昨日急に出るようになりました。
もともと本体の熱がすごいと話題になる製品でしたので、風通しの良い机上にノートPC用の冷却台を置いて、その上にTime Capsuleを設置し、放熱には気を遣っていました。

昨日もエアコンをつけている時に上記のようなメッセージが出たので「あれれ?」と思ったわけです。いつもと何も変わらない使用状況でしたので。
触ってみると確かに熱い…けど、普段からこんなもんだしなぁ?USBファンの風を当てて冷却しつつ様子を見ていました。

調子の悪い時は、いったん電源切って再起動だよなぁ…と思いつき、Time Capsuleの電源をコンセントから抜き、再び接続…しかしその後二度と電源は入らなかったのでありました…。

Time Capsuleは2〜3年くらいでダメになるという話も聞いていたので、寿命だったのかなー?
コレが無いとバックアップもネット接続も家庭内LANもアウトなので、急遽最新世代のTime Capsuleを注文、明日中には届くかな…?
その間のネット接続はWiMAXで乗り切ります。持ってて良かったWiMAX!通信の代替え手段はやっぱり持っておくべきですねー。

ちなみに写真は、IKEAで買ってきたかご。このかごを二段重ねにして、その上に新しいTime Capsuleを置こうかなと考えています。上下左右に空間が確保できるので、通風はこれで文句なかろう…?

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

【液タブの上にキーボードをセット】

液晶タブレットを使い始めて一番困ったこと・・・「キーボードをどこに置こう?」

私は絵を描くときはn52te(どうも最近は売ってないようで・・・絶版なのかな?)を補助ツールに使っているので、おもだったショートカットキーの操作はこれで済むのですが、それでもやはり足りなくてキーボードと併用です。
マンガのネーム作成ではセリフも打ちますから、キーボードが無いとどうしようもないし。

横に置いたり、超小型キーボードを液タブ台の足の間に挟んだり・・・(キーボードステーを設計されていらっしゃる方も・・・!)
液タブユーザーの皆さんは、各自いろいろ工夫されているようです。
で、私はアクリル板を液タブ上部に貼り付けて、その上にキーボードを置いてみることにしました。

過去の写真を見て頂くと分かるのですが、今まではキーボードを直接液タブに両面テープで貼り付けていました。
文字を打つにはキーボードが正面にある方が当然使いやすいのですが、液タブには正面上部に電源スイッチがあります。ここをキーボードで塞ぐと、何かあったときに液タブの電源切れないことになるので、今まではここを避けて左右にキーボードを2つ並べたり、などと変則的なことをしてました。
でもやっぱり使いにくいので、意を決して電源スイッチの上にキーボードを置いてみたものの・・・うーむ、不安だ〜・・・。

で、ふと気が付きました。
Appleのキーボードって裏側上部が出っ張っているから、ここを引っかけて置くようにすれば良いのではないかと。

Imgp0671


液タブの上面が数センチ大きければ、そのまま置けて理想的なのですが、数ミリの厚さなら板状のものを貼り付けて、その上にキーボードを置いてもいけるんじゃないか?

「板状のもの」がどういう材質だと良いか?強度があって薄くて。うーん、アクリルかなぁ?ということで、サイズを測ってアクリル板を注文してみました。電源スイッチの部分は穴を開けてアクセス出来るようにしてあります。
強度がどれだけ確保できるか分からなかったので、アクリルは押し出しではなくキャスト(こっちの方が強度強いらしい)、厚さは6ミリにしました。(ちなみに6ミリはちょっと厚すぎた感じです。手首が持ち上がってちょっとしんどい・・・この半分でもいいかも?)

(追記:その後半分の3mm厚のアクリル板に変えましたが、強度は全然大丈夫でした。快適に使っています。ちなみに、サイズに合わせてカットしてもらって、スイッチ部の穴開け加工もしてもらって、2,000円しないくらいのお値段でした。)

Imgp0658


仮置き。

Imgp0661

両面テープで貼り付け。
強力かつ後で綺麗に剥がせる両面テープがあります。ちなみに私が使っているのは、はがせる両面テープ強力固定用(厚手)15×2(品番 T3950)です。
貼った状態は格好悪いですねー、アクリル板を透明じゃなくて黒い板にすれば見た目は良くなるかな?どうせキーボード上に置いちゃうので見えなくなりますが。

Imgp0667

アクリル板を貼付終わったら、その上辺に引っかけるようにキーボードとタッチパッド乗せて完了!
アクリル板の上に乗せてあるだけなので、どかせば液タブの電源スイッチも操作できますし、位置調整や電池交換もラクラク!!

Imgp0672

なかなか良い感じになったのではないでしょうか。
しばらくこれでいってみようと思います。

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

【Canon の Snow Leopard 対応プリンタドライバ】

●Canon の Snow Leopard 対応プリンタドライバが出ていました。

Canon LIPS4 簡易版 Printer Driver & Utilities for Macintosh Version 1.00

「簡易版」って、なに?どういうことw

それはさておき、一緒に上がっている説明書見ながらやれば、あ、普通に印刷出来ちゃいました(当たり前か)。
これで、Snow Leopard でも LBP-1820 が使えるようになってほっとしました。

とりあえず、Canonさんありがとう。
ご苦労様でした>ドライバ開発の皆さん。(^。^)

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

【Macがスリープに入らない&勝手に起動・その後】

●以前のエントリーで「Mac がスリープに入らない。スリープに入っても何らかの理由で勝手にスリープから解除されてしまう」という件で書き込みしました。

その時の結果として、
「私の場合、原因はメーラーの『Thunderbird』にあるらしい」こと。
「強制的にスリープ状態にしてくれる『Please Sleep』というソフトが有効」であること。
という結論を書きました。

その後の状態ですが・・・『Thunderbird』がバージョンアップしてから、またもや同じ症状で悩まされることになりました。
勝手にスリープから解除されるし、その後は再びスリープに入ることなくずっと起動したまま・・・。
頼みの綱の『Please Sleep』も、最新バージョンの『Thunderbird』には対応してない様子・・・。

ということで。
非常にアナログな方法ですが「スリープ前に『Thunderbird』を終了する」ということを、この2週間ほど手動で行って、状態の推移を見てきました。

結果、「スリープ前に『Thunderbird』を終了していれば、何の問題も無い」という結果に。
やっぱり私の環境下で悪さしているのは『Thunderbird』に間違いないのが分かりました。

夜メールチェックが済んだら『Thunderbird』を終了しスリープ。おやすみ。
朝、勝手に起動している事は全く無し。スリープを解除して『Thunderbird』起動。
朝のメールチェックが済んだら『Thunderbird』を終了し再びスリープさせる。
そしてそのまま出勤。
仕事が終わって夜帰ってきても、勝手に起動している事は全く無し。

ということで、今は手動でやってますが、『Thunderbird』の起動終了と連動させたスリープ用のAutometorとか作ってみても良いかもしれません。

未だに「Mac スリープ 勝手に」などのキーワードでこのサイトに訪れて下さる方が多いみたいなので、まずは何のソフトがスリープの阻害をしているか、そこを突き止めるのから始めるのが結局は確実だと思います。
(面倒くさいかもしれませんが、ひとつソフトを起動してスリープさせて・・・の繰り返し確認です。)
「何のソフトも起動しないで電源入れてMac起動しただけの状態」だと、おそらくちゃんとスリープ機能は正常動作するはずですから・・・。

頑張って下さいね!!

| | コメント (0)